埼玉 東松山のラブホ バリタイ東松山店の利用プランについて

皆様こんにちは。バリタイ東松山店ネット担当のIでございます。

ついに梅雨入りし、毎日どんよりかと思えばいい天気になったり。
雨は雨でまた、ザーザーに降らなければ紫陽花も映えていいとは思うんですけどね。
自分の休みと天気がうまい事条件が揃うことが滅多にないので、雰囲気のある紫陽花を見るのは難しいものですよ。


さて本日は、バリタイ東松山店の各利用プランとでもいいましょうか、休憩とか宿泊とかについてお話してみようかと思います。

覚えておきたい4つのプラン

まず利用するにあたって、利用プラン、これだけは覚えておいた方がいいかもしれないですね。
逆にこれを覚えておけば、次回からの利用がよりスマートになると思われます。
当店には目的に応じて4つのプランが設定されています。

  • ショートタイム
  • 休憩
  • サービスタイム
  • 宿泊

この4つになります。

ひとつひとつ説明していきましょう。旅は長いですよ、よろしいですか?笑

 

ショートタイム

ショートタイムというのは、そのまんまですね。
基本忙しい、忙しいけど週1でもいいから会いたいし会って『仲良く』したい、
もしくは、「長居は無用サービスはいらねぇ、スッキリできればもう用はねぇ!」というせっかちさんのためのプランです。

当店のショートタイムは2時間となっております。
計画性があり時間の有効活用ができる方々にはもってこいですね。比較的リーズナブルで気持ちよくなって帰ることが出来ますしね!

休憩

当店の休憩は、基本が3時間となっており、それを過ぎると延長料金が発生します。基本が3時間だからといって、3時間しか居られないのか、と疑問に思われるお客様も稀にいらっしゃいますが、決してそんなことはございませんよ!昼間はサービスタイムがございますのでご安心を。
お店によっては24時間休憩を行っているところもあるみたいですが、残念ながら当店にはそのシステムはございません。
また、日付をまたいで午前1時になると宿泊料金に強制的に切り替わります。これがまたある意味厄介なのですが、それは宿泊のくだりでご説明しましょう。

サービスタイム

サービスタイムというのは、ホテルの定めた時間内であれば何時間ご滞在いただいても休憩料金でご利用できますよ、というお得なプランなのです。よく「最大〇時間」とか見かけませんか?あれは最大〇時間滞在してもサービスタイムの料金で利用できますよ、ということですね。

当店は、第1部と第2部がございます。

第1部 am6:00 ~ 18:00
第2部 am11:00 ~ 21:00

上記時間内であれば、3時間でも4時間でも5時間でも、時間内であればサービスタイムの料金でご利用いただけます。
常連のお客様ですと、第2部狙いで午前11時を過ぎてから入室されるお客様もいらっしゃいます。使い方次第でとってもお得なので、当店に限らず、ラブホテルに行くときは始まりの時間を気にして入室されるといいかもしれませんね。

宿泊

これもそのまんまですね。翌朝までお泊りいただけるプランです。

宿泊開始時間

曜日 料金モード 時間
日 ~ 木・祝日 平日 19:00 ~ 翌12:00
土曜 19:00 ~ 翌12:00
土曜 21:00 ~ 翌11:00

各曜日、各時間を過ぎてから宿泊が可能となります。
なお、メンバーズカードをお持ちのお客様なら1時間前倒しでご宿泊が可能です。
お持ちでないお客様も、即日購入可能で、即日使用可能です。ただ、¥300かかってしまいますが・・・。

ここで、【宿泊開始】と【強制宿泊】の違いについて説明します。
前者は、その時間を過ぎて入室すれば、宿泊としても利用できますよ、という意味合いです。宿泊開始以降も、午前1時までなら休憩で利用されても大丈夫です。
後者は、休憩目的であってもショートタイム目的であっても、当店の定めた午前1時を過ぎると、誰が何を言おうが【宿泊料金】に切り替わります。
この違いが紛らわしく、お客様を困らせている原因の一つですし、また当店においてもトラブルの原因において断トツです。

強制宿泊の時間帯 全日
am 1:00 ~ am 6:00

上記時間帯は、ショートタイム、休憩でのご利用はできません。宿泊のみとなっておりますのでご注意ください。

何度も書きますが、当店の強制宿泊の時間は、日付をまたいだ午前1時となっております。利用料金の計算はコンピューターの一括制御ですので、1時を過ぎた時点で、たとえ利用時間が40分でも宿泊料金に切り替わってしまいます。

ですので、泊まる気はないが午前1時付近には帰るというお客様は、ちょっとだけお時間に余裕をもって午前1時前に清算をすると、スマートに帰ることができるというわけですね。そうでないと宿泊料金に切り替わってしまい、「料金高すぎやしませんか??」と、お客様に不快な思いをさせてしまう場合がございますので。わたくし共も気持ちよくお帰り頂きたいですから。ぜひとも、午前1時前に精算、ご理解ください。


さてさて、いかがでしたでしょうか。長い旅にお付き合いいただきありがとうございます。ちょっと長すぎましたかね・・・皆様にわかっていただければこれ幸いと思ったのですが。。。

次回はそうですねぇ、何を書きましょうか。。。。。。。
そうですね、料金のことを書いてみようと思います。なるべくわかりやすく書こうと思いますので、しばらくお待ちくださいね。

それでは今回はこれにて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA